HOME > 製品案内 > 支保工応力測定
鋼製支保工応力測定は、支保工に発生する応力の大きさから、支保工の適切な寸法・形状・建込み間隔を
判断するためのものです。支保工に直接ひずみゲージを貼り、支保工に生ずるひずみから応力を求め軸力、
曲げモーメント、せん断力を求めることができます。
カタログをダウンロード
  • 支保鋼材に直接ひずみゲージを貼るために、支保工に発生するひずみを 正確に測定できます。
  • ひずみゲージと抵抗用ゲージを組み合わせることにより、支保工のねじれ 環境による変化等の影響を除去します。
  • 固定フランジは取外しが可能なため、ケーシング堀りでも設置可能です。
  • 主にアルミ合金を使用して軽量、小型化を図りました。