HOME > 製品案内 > 切羽前方変位計
切羽前方の地山変位測定は、切羽掘進に伴う時々刻々の切羽前方地山の変位状況を計測すため、
自動計測が求められます。切羽から掘削の影響のない範囲までボーリングを行い、削孔最先端部に
自動計測できるデータロガ及び埋設型の多点変位計をセットします。最深部を仮不動点とし、各測定点に
アンカを固定し、そのアンカに連結された変位伝達ロッドと埋設多点変位計を連結して、アンカの移動量を
測定します。
カタログをダウンロード
  • 自動計測のため、掘削作業への障害、測定作業の危険性が回避できます。
  • 切羽掘削進行とゆるみ範囲の関係を、連続性のあるデータで収集することが   できます。
  • 変位ロッドにFRPロッドを採用しているため、掘削に支障なく容易に切断する   ことができます。
  • モニタケーブルを孔口まで布設することにより、掘削途中のデータ確認もできます。