HOME > 製品案内 > 鏡補強材ひずみ計
切羽の安定対策に用いる長尺鏡補強工法として、FITチューブやGFRPパイプが使用されます。これらに
発生する軸力から補強効果の確認や設計に反映させるデータが得られます。
鏡補強工の心材管内にひずみ測定センサ管を挿入し、セメント系やレジン系で中詰注入し、心材に作用する
ひずみを間接的に自動測定するものです。
カタログをダウンロード
  • 自動計測のため、掘削進行に伴う鏡補強材の軸ひずみを、連続性のあるデータ で計測できます。
  • 計測データは、連続してメモリに収録され、データ収録部に切羽が到達した時点 で回収します。
  • ひずみ測定センサの素材は、掘削時に支障なく切断ができます。
  • モニター用ケーブルを孔口まで布設することにより、掘削途中のデータ確認も できます。